【マンガ】「流産した」って、言えないよ

マンガ
スポンサーリンク

先日の記事「流産したと言えない女性は多い」のマンガ版です。

このマンガでもチラッと書きましたが、
「子供はまだ?若いうちに産みなよ〜」といった何気ない一言で、密かに傷ついている流産経験者・不育症患者はとても多いです。

「えー!? なら流産したこと、話してくれたら良かったのに」

と思う方も少なくないかもですが、
マンガや過去記事でも書いたように、そんな気軽に言えません・・・。

悪意のある人はともかく、善良な方も知らず知らずのうちに、流産経験者の心の地雷を踏んでいるケースは非常に多いので、
ぜひ次回以降の記事(流産した人への「適切な対応」とは?)もご覧ください。後日upします。

それでは。

ASCA
この記事(マンガ・イラスト)をかいた人

流産を繰り返す「不育症」の患者。20代で3回妊娠するも、すべて流産。

31歳、仕事はWebライター。流産を繰り返すうちに適応障害が悪化→うつ病になり、半年間休職。現在は復職し、うつ病の治療中。

「妊娠したら出産できるとは限らない」ということを、多くの方に知ってほしい。
流産や不育症で悩む方への情報発信、「不育症」の認知度を上げるためにブログをやっています。趣味レベルで漫画も描きます。

当サイトのコンテンツ全て(記事/イラスト/漫画)の無断使用・無断転載を禁じます。

■Twitter
https://twitter.com/asca_fuiku

ASCAをフォローする
マンガ 不育症 流産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ASCAをフォローする
3回流産 不育症のASCAのブログ

コメント